ハトの撃退が必要な理由はもたらす被害を考えればわかる

実は危険なハト

平和の象徴として知られているハトは、市街地などでよく見かけることがあります。ハトは可愛らしいイメージがありますが、実はとても人間にとって危険な生き物なのです。ハトの糞によって人に与えられる被害を紹介していきます。

ハトの糞による被害

病気の原因になる可能性

ハトの糞そのもではなく、それによって引き起こされる問題があります。それはアレルギーや病気の原因になってしまうことです。そのため糞の処理を放置していると、人間に感染する病気を発生させる可能性があるので、すみやかに掃除する必要があります。

見た目が汚くなる

病原菌などだけなく、ハトの糞があると、不衛生な見た目になってしまいます。特に美しいデザインを売りにしているマンションなどであれば、ハトの糞が落ちているだけで、イメージダウンに繋がってしまいます。

金属の腐食

ハトの糞が金属に付着していると、金属が腐食してしまうという問題が発生します。それは、鳩の糞に含まれている酸性の成分が腐食をすすめると言われています。少しの量であれば、対した問題ではありませんが、大量の糞がある場合は、腐食に対して対策を行う必要があるでしょう。

商品価値を無くしてしまう

ハトは工場や倉庫に住み着くことが多いですが、保管している商品に糞がついてしまうと、商品価値が無くなってしまう可能性があります。もしそのまま出荷してしまうと、クレームに繋がってしまい、信用を無くしてしまいます。ハトの糞が企業の信頼を無くしてしまうには、勿体ないことでしょう。

ハトの撃退が必要な理由はもたらす被害を考えればわかる

鳩

人への被害

一昔前にニュースなどでよく取り上げられていた鳥インフルエンザは、鳥から鳥への感染が凄まじいとされています。また、直接鳥から人への感染はあまりありませんが、鳥インフルエンザがもととなって発生したウイルスが原因で世界で被害に遭った人がいると報告されているのです。そのため、現在確認できるハトも何らかの病原菌を潜伏させている可能性があるため、十分に注意しなければいけません。

糞の乾燥

糞は放置していると乾燥してしまいます。それにより直接的に触らなかったとしても乾燥した糞が風により空気中に舞ってしまいます。粉末状になった糞が空気中に浮遊することにより、呼吸をしているだけで体内に入り込んでしまうのです。

自分で対策できるのか

ハトを傷つけることは国により禁止されています。なので、住み着かないようにすることしかできません。自分でできる対策によりハトを住み着かなくさせることは可能です。ですが、高い効果を求めるなら専門業者に依頼した方がいいでしょう。

専門業者に依頼する

自分で対策するよりも、専門業者に依頼した方が確実なのは、被害の状況やハトの個体によって適切な撃退方法が変わってくるからです。経験豊富な専門業者であれば、状況に合わせて柔軟に撃退方法を変えてくれます。なので、ハト撃退の高い効果を得ることができるでしょう。

自分でもできるおすすめハト撃退方法

no.1

鳥よけネット

ハトを物理的に侵入できないようにしてくれるアイテムになっています。マンションのベランダなどで使用しているのをたまに見かけます。ハトが侵入してくる隙間を作らないように取り付けることで、確実に侵入してこれなくなるでしょう。高い効果を期待することができます。

no.2

剣山

ハトが好んでとまる場所に剣山を置いておくだけで、居心地が悪いと感じて他の場所に行くようになります。ベランダなどの中でもよくハトのとまる室外機の上などに設置すると、より高い効果を得ることができるでしょう。

no.3

テグスを張る

釣りに使われるテグスをハトが好む場所に張りましょう。そうすることにより、剣山と同じで居心地が悪いと感じて徐々に近寄らなくなってくるでしょう。テグスは景観を損なわずに対策することができるので、外観を気にする人におすすめできます。

no.4

磁石を設置する

ハトだけでなく鳥の体内には磁石があります。なので、強い磁石が近くにあると体内にある磁石の調子がおかしくなるので、磁場が強い場所には近寄らないよいうにしています。それを利用して磁力の強い磁石をよくハトが来る場所に置いておくこと近寄らなくなるでしょう。

no.5

忌避剤を利用する

ハトが嫌がるべたべたとする成分を配合した忌避剤をよく近付く場所に設置しておくことで、ハトが飛来してくるのを防ぐことが可能になります。天然成分を使用したタイプだと、人体に影響を与えないので、安心して利用することができます。