ねずみ駆除は自分でもできるの?簡単にできる駆除方法は毒餌!

まずは自分でやってみる

ねずみ駆除は専門業者に駆除を依頼することで、確実に数を減らすことができますが、それには費用が掛かってしまいます。なので、費用が気になるのならまずは自分でできるねずみ駆除をやってみましょう。ここからは、自力で駆除することが可能なのか判断する基準を見ていきます。

自分で駆除できるのか判断する基準

ネズミ

複数匹潜んでいるか

お家の中に複数匹いる場合は、すでに繁殖が進んでいる可能性があります。ねずみはとても繁殖力に優れている生き物なので、そこまで進行している場合は、どんどん増えていくので、自分で駆除することは難しいでしょう。もし単体で生活している様子であれば、自分で駆除することも可能です。

ねずみの姿を目撃できるか

ねずみはとても警戒心が強い生き物なので、普通は人間に見つからないように生活しています。なので、ねずみの鳴き声や糞から住み着いていることを確認することが多いです。ですが、人間が住んでいる場所まで姿を見せるようになっていたら、相当その環境に慣れているということを示しています。そうなると、自力で駆除するのができないような状況になっているでしょう。

屋根裏を確認しにくい

ねずみが住宅の中で住む場所に選ぶのは、屋根裏が多いです。ですが、住宅の構造上屋根裏に入りにくくなっていることがあります。そういった場合は、無理せずに専門業者に依頼して屋根裏もしっかりと確認してもらうといいでしょう。

すぐに効果が出てほしいか

自分でねずみ駆除を行う場合は、徐々に数を減らしていくことしかできません。なので、すぐにねずみ駆除の効果を得たいのであれば、プロに依頼した方がいいでしょう。徹底した駆除をするので、すぐに効果を実感することができるでしょう。

ねずみ駆除は自分でもできるの?簡単にできる駆除方法は毒餌!

ネズミ

おすすめのねずみ駆除方法

まずは自分で駆除できるか試してみたいという方のために、おすすめのねずみ駆除の方法を紹介します。お手軽に数を減らすことができるのは、毒餌になります。毒餌をねずみが通ると思われる通路に設置しておくことで、ねずみが食べて数が減っていくでしょう。

散布機

毒餌使用時の注意点

お手軽に使用出来る毒餌ですが、使用には注意が必要になります。お子さんがいる家庭では、子どもの行動範囲内に設置してしまうと、誤って飲み込んでしまう恐れがあります。ねずみ駆除をするものなので、お子さんが飲み込んでしまった場合は、体への影響が心配されます。また、ネズミが死ぬ時は、大体住宅のどこかです。死体を探さないと、腐り被害も大きくなってしまうので探す手間が発生します。

設置場所が重要

ねずみ駆除の目的で毒餌を仕掛ける時には、設置場所が非常に大事です。ねずみが住宅の中で死なないような場所に設置できるとベストです。しかし、設置場所はねずみの習性を把握していないと難しいこともあります。そこで、分からないのならねずみ駆除の専門業者に依頼してもいいでしょう。